保育園の特色

城井保育園の保育とは

保育園の役割とは、保護者・家族が安心してお仕事が出来るように子どもたちを預かる児童福祉施設です。また、子どもたちの就学前の大切な幼児期を「知・情・意」の面からサポートしていく教育の場でもあります。

今までご家庭で温かく見守られながら生活していたお子さんが、お友だちや先生と初めて経験する集団生活は、「社会生活の第一歩」でもあります。そしていろいろな人との関わりの中で、体も心も最も成長するのがこの乳幼児期です。

この時期は、人生の根っこです。城井保育園での生活を通して、お子さんが素敵な大きな花をさかせるため、一人ひとりの個性を大切にしながら、心豊かに大きく成長していくことを願っています。

城井保育園の保育とは

保育理念

  • 子どもが現在を最もよく生き、望ましい未来をつくり出す力の基礎を身につけられるよう援助し、乳幼児の最善の利益を守り、その福祉を積極的に増進する。
  • 児童福祉法に基づき、保育を希望するすべての子どもに最もふさわしい生活の場を提供し、育つ力と育て合う力を大切に、養護と教育が一体となった保育を目指す。
  • 入所園児の家庭と地域の子育て家庭に対して、さまざまな人的、物的環境を整え、専門機関との連携や保育の専門性を生かして、地域に開かれた子育て支援の場としての役割を果たしていく。

保育目標

  • 十分に養護の行き届いた環境の下に、くつろいだ雰囲気の中で子どもの様々な欲求を満たし、生命の保持及び情緒の安定を図る。
  • 健康、安全などに必要な基本的生活習慣や態度を養い、心身の基礎を培う。
  • 人との関わりの中で、人に対する愛情と信頼感、そして人権を大切にする心を育てるとともに、自主、自立及び協調の態度を養い、道徳性の芽生えを培う。
  • 生命、自然及び社会の現象について興味や関心を育て、それらに対する豊かな心情や思考力の芽生えを培う。
  • 生活の中で、言葉への興味や関心を育て、話したり、聞いたり、相手の話を理解しようとするなど言葉の豊かさを養う。
  • 様々な体験を通して、豊かな感性や表現力を育み、創造性の芽生えを培う。
  • 入所する子どもの保護者に対し、その意向を受け止め、子どもと保護者の安定した関係に配慮し、保育園の特性や保育士等の専門性を生かして、その援助に当たる。
保育目標

保育方針

『仏さまに手を合わせ ともに学び ともに育ちあう保育をめざします』

それぞれのいのち 輝く

城井保育園は、真宗大谷派即伝寺の“みのり子供会”を経て、昭和42年に創立しました。創立当初より、仏教精神をもとに、共に育ちあう保育を行っています。また、朝、夕仏さまに礼拝し、ご挨拶をしています。

合掌を通して、それぞれの命を大切にし、感謝できる情操豊かな心をもった人に育ってほしいと考えています。また保育の現場においては、子どもたちと一緒に私たち職員も共に学び合うという精神で研鑽をしています。

山あり川ありの豊かな自然環境の中でこそ育まれるものをとても大切にしています

当園には、広い園庭やみのりの広場(芝生の庭)があり、たくさんの木々や四季折々の花に囲まれ、虫や鳥などが多く生息する恵まれた豊かな自然環境にあります。他園では経験することのできない環境が整っており、日々の生活の中で自然のすばらしさを肌で感じることができます。

「できた!」の瞬間が、その子を伸ばします

「お友だちが出来た!」 「お友だちといっぱい遊んだ!」

「本が読めた!」 「文字が書けた!」 「体操ができた!」

子どもの未知なる力を十分に引き出すために大切にしているもの、それは「僕も私もやってみたいな」

そしてそれが「できた!」という瞬間です。

「ヨコミネ式」を通して、一人ひとりに配慮しながら、自分から楽しく取り組めるような環境づくりを行っています。

ページトップへ